Top > ビヨット

ビヨット
HTML ConvertTime 0.080 sec.
ビヨット.png図鑑No.076
兵科重戦車
型式B1bis
イラストレーターF.SCV行成とあ
初期装備
47mm SA34 L/30---
---装備不可
改良時の装備
なし---
------
ステータス
体力69/111
火力19(52)/62命中42(66)/76
装甲47(76)/86回避8(22)/32
対空5/35偵察5/23
移動低履帯種別重装甲
射程中距離占領
消費資材
燃料.png18/76(86)弾薬.png18/76(86)
改良・昇格
ビヨットビヨットⅡ(Lv28)ビヨット昇(Lv33→Lv1)ビヨット昇Ⅱ(Lv25)
図鑑説明
ストンヌ村の戦いで、ドイツ軍の車列に向かってB1bisたった1両で殴りこみ、戦車13両以上を撃破しました。
140発ほど撃たれましたが、厚い装甲のおかげで1発も貫通しませんでしたわ。
負けてばかりのフランス軍でしたが、やる時にはやりましたのよ?

00は改良+強化+レベルMax時(とにかくMAX)

入手方法 Edit

ドロップもしくは探索

セリフ一覧 Edit

 クリックで展開

元ネタ紹介 Edit

元ネタはピエール・アルマンド・ガストン・ビヨット大尉。
1940年5月、フランス陸軍第41戦車大隊第1中隊の一員としてセダンの戦いに参加。
中でも激戦区だったストンヌ村にて独軍第10装甲師団とグロースドイッチュラント歩兵連隊と交戦。
村の中心部に陣取るドイツ軍戦車部隊に突撃を敢行し、IV号戦車2両・III号戦車11両の大戦果を上げる。
また、村の付近の丘陵に陣取っていた対戦車陣地も蹂躙した。
計140発以上の被弾の内、1発もビヨット車の装甲を貫くことは出来なかった。
フランス降伏以後も捕虜として捉えられるも脱走。
自由フランス軍に合流し、ド=ゴールの側近として参謀職に就いた。
戦後は国連への軍事援助の責任者、退役後は政府の要職を転任した
父親はフランス軍高官で戦略家であった、ガストン・ビヨット。
セリフ中に度々出てくる「お父様」とは彼の事。
お父様はドイツ軍侵攻の最中交通事故死している。

ルノーB1 bis Edit

1921年のこと、フランス軍はそれまでのシュナイダーCA1やサン・シャモン突撃戦車のような戦車を発展させ、
「車体に大きな大砲を搭載して陣地攻撃しつつ、歩兵を支援する小型砲を旋回砲塔に収めた重装甲の戦車を歩兵部隊と直協させる」というプランを考えついた。
早速開発が始まったものの2種類の大砲を搭載し、更に十分な装甲を加えるとなると当初予定の15tにはとても収まらず、
改めて20t級で開発を再開したものの当時の技術力で20tという車両を作るのは難しく、紆余曲折の末1931年ようやく試作車が完成した。
10年もかけたえらくのんびりした計画であるが、当時フランス軍にはFT-17のような進歩的な軽戦車や、
第一次大戦末期に作ってしまった超重戦車FCM 2Cと言った戦車が控えており、そんなに急ぐ必要もなかったのである。


試作車は様々なテストを経て3年後の1934年にようやく正式採用となったが、のんびりしていた間の技術革新も有り、
試作車完成前にもかかわらず新しい技術(特に大出力のエンジン)を用いた改良型の計画がすでに1930年にスタートしていた。
これがB1 bisである。(bisは2とか改ぐらいの意味)
車体前面及び側面装甲を60mmという前代未聞の重装甲とし、エンジン出力はそれまでの180馬力から250馬力、さらに300馬力へとパワーアップされたことで、
最大時速24kmを確保していた。
主砲も32口径の47mm砲と17口径75mm砲を装備し、非常に強力な戦車となったB1 bisは早速量産され、対独戦時には250両あまりが配備されていた。


前述のとおり設計思想が古いため、砲塔は1人で車長が操作するため極めて多忙であり、連携が取れず視界も悪かった。
さらにリベット留めされた装甲は重装甲とはいえ、貫通しないまでも砲弾の衝撃で弾けたリベットが車内で乗員を殺傷する危険があった。
また左側面に垂直にラジエーターグリルが付いており、ここを破壊されるとエンジンがオーバーヒートしてしまうというデザイン上の問題もあった。
配備数も少ない上に更に分散して配備されたため各個撃破されることも多かった。
しかしそのすさまじい重装甲はドイツ軍戦車や対戦車砲の砲撃でも容易に撃破できず、ビヨット大尉の乗るウール号のように140発の被弾を受けても全く止まらずドイツ軍を蹂躙したり、
ド・ゴール指揮下のジャンヌ・ダルク号のように90発の砲撃を受けてもなお止まらず味方を鼓舞し続け、
88mm砲の砲撃により史実のジャンヌ・ダルク同様炎に包まれるまで戦い続けるなど局地的には活躍した。
ドイツ軍はイギリス軍が投入したマチルダⅡとともにB1bisとの戦闘で対戦車戦闘能力の不足を痛感し、5cm砲の配備と7.5cm砲の開発を急ぐことになる。

後日談 Edit

 ネタバレ注意

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 第一次世界大戦で活躍したお父さんの方の資料はたくさんあるのにこのキャラのモデルの方はあんまり資料がないんだぜ。 -- 2015-03-06 (金) 22:26:32
    • 確か父親はダンケルク戦時に事故死だったか。 -- 2015-03-07 (土) 00:59:19
  • 某シミュゲの序盤のトラウマですなw このゲームでもあの固さは健在なんでせうかね? -- 2015-03-07 (土) 01:21:25
    • 東部戦線までだったら硬いよ。それ以降は現実と同じく時代遅れになり始める。 -- 2015-03-08 (日) 02:08:49
  • 4-1道中で確認 -- 2015-03-08 (日) 06:52:23
  • 元ネタはピエール・アルマンド・ガストン・ビヨット大尉。
    1940年5月、フランス陸軍第41戦車大隊第1中隊の一員としてセダンの戦いに参加。
    中でも激戦区だったストンヌ村にて独軍第10装甲師団とグロースドイッチュラント歩兵連隊と交戦。
    村の中心部に陣取るドイツ軍戦車部隊に突撃を敢行し、IV号戦車2両・III号戦車11両の大戦果を上げる。
    また、村の付近の丘陵に陣取っていた対戦車陣地も蹂躙した。
    計140発以上の被弾の内、1発もビヨット車の装甲を貫くことは出来なかった。

フランス降伏以後も捕虜として捉えられるも脱走。
自由フランス軍に合流し、ド=ゴールの側近として参謀職に就いた。
戦後は国連への軍事援助の責任者、退役後は政府の要職を転任した

父親はフランス軍高官で戦略家であった、ガストン・ビヨット。
セリフ中に度々出てくる「お父様」とは彼の事。 -- 2015-03-10 (火) 01:29:08

  • 27では改造出来ず -- 2015-03-11 (水) 01:01:22
  • なんか性欲強そう -- 2015-03-15 (日) 16:30:11
    • おいw -- 2015-03-26 (木) 14:19:23
      • まあ、絵師が絵師だから…w -- 2015-04-01 (水) 11:40:35
  • 大破させようとして休養無しでやってるのにいつまでも大破しないぜ 戦車の攻撃は跳ね返し歩兵は真っ先に血祭りにあげやがる -- 2015-05-12 (火) 09:18:17
  • 大日本帝国における「テラウチ」一家 父が偉大が共通点 -- 2015-05-14 (木) 16:32:19
  • 改良前でも軽減無しで5戦できる重戦車ってびょっとして貴重なんじゃないか? -- 2015-05-21 (木) 09:11:20
  • B1 bis武勇伝
    1940年5月16日、フランス、ストンヌ村。
    この日、村を占領していたドイツ戦車隊に向けフランス軍は攻撃を仕掛けた。
    砲兵隊の砲撃がはじまりドイツ第八連隊のⅢ号、Ⅳ号戦車は村から押し出す為に村の中央通りに殺到した。しかし彼らの目の前に1両のB1bisが現われた。
    第3DCR第41戦車連隊第1中隊長ピエール・ガストン・ビヨット大尉の『ウール号』である。
    たちまち激しい戦闘になったがドイツ軍は村の狭い通りに集まっていた為、思うように動きが取れず数分間の戦闘で13両もの戦車を失った。
    ドイツ軍も対戦車砲も加わり反撃したがB1bisの装甲を破れなかった。
    対戦車砲を蹂躙しウール号は悠々と去っていった。
    この間ウール号に命中した砲弾は140発あまり。
    後日ビヨット大尉はレジオン・ド・ヌール勲章を授与された。
    やられ役のフランス戦車もやる時はやってたのだ -- 2015-07-01 (水) 13:48:09
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White