Top > 装備品

【sWIKI】からのお知らせ
「https:」での通信が可能となりました。不具合を見つけましたら御手数ですがこちらより御連絡頂けますよう宜しくお願い致します。
装備品 の変更点

#include(ミリ姫項目,notitle)

[[研究]]または、ミリ姫の初期装備、[[戦闘]]などのミッションにより獲得できる。

*装備品の特徴 [#l45a26d5]
-中戦車、重戦車、駆逐戦車、突撃砲、対戦車自走砲、自走榴弾砲は「主砲」(赤いアイコン)を装備しないと攻撃力が著しく落ちる。(軽戦車は該当しない)
-装備品には重さの隠しパラメーターがあり、重い分類ものを装備すると先に攻撃を受ける。
//-「消費資金-○」というのは、その装備品を付けて出撃した時に数字分だけ資金を消費(引かれる)という意味である。装備している数だけ消費資金も重複されていく。
-''&color(Blue){15年9月のアップデート後、装備品による資金マイナス効果がなくなっています};''。
*ボーナス特性について [#y0bef311]
いくつかの装備品には特定の対象に攻撃ボーナスを生じさせるものがある。
一例ではAPDS弾や徹甲榴弾は装甲目標にボーナスがあり、対空砲は航空機にボーナスがある。
#br
特筆するべきは重装甲目標と航空機に対するボーナス。
詳しい数値は不明だが、重装甲目標は重戦車などが該当し、ボーナス装備を使うことで目に見えて弾かれる量が減る。
中盤以降では拠点に金重戦車が登場することも多いため、確実に勝利するためには持っておいたほうが確実に楽。
対空兵器にいたっては、デフォの対空値が90を超えるこちらの対空戦車も、主砲無しではかすり傷にしかならないため、ほぼ必須と言っていい。
ただし、元の対空値が低い戦車などに銃架つきの機関銃を持たせても、今度は素の装甲で弾かれてしまうので注意しよう。
*装備可能兵科 [#a1b9eed2]

【編集者様へ】「wp00」の番号はゲームファイルの順番に準じています。変更しないでください。
▲・・・一部装備できない(またはできる)装備品あり。

#table_edit2(,table_mod=close){{

|>|装備品|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|h
|>|装備品|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|f
|25||>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|&ref(画像置場/wp20.png,nolink,20%);|[[拳銃>#wp20]]|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|
|&ref(画像置場/wp01.png,nolink,20%);&br;&ref(画像置場/wp16.png,nolink,20%);|[[携行火器>#wp01]]|○|○||||||||||||||
//
|&ref(画像置場/wp02.png,nolink,20%);|[[小型火器>#wp02]]|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|[[小型火器参照>#wp02]]|
|&ref(画像置場/wp14.png,nolink,20%);|[[小型砲>#wp14]]|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|[[小型砲参照>#wp14]]|
|&ref(画像置場/wp03.png,nolink,20%);|[[中型砲>#wp03]]|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|[[中型砲参照>#wp03]]|
|&ref(画像置場/wp15.png,nolink,20%);|[[大型砲>#wp15]]|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|[[大型砲参照>#wp15]]|
//
|&ref(画像置場/wp05.png,nolink,20%);|[[対空火器>#wp05]]||||||||||||○||||
|&ref(画像置場/wp10.png,nolink,20%);|[[ロケット弾>#wp10]]||||||||||○||||||
|&ref(画像置場/wp06.png,nolink,20%);|[[搭載火器(空対空)&br;搭載火器(対地兵器)>#wp06]]||||||||||||||○|○|
|&ref(画像置場/wp07.png,nolink,20%);|[[砲弾>#wp07]]|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|[[砲弾参照>#wp07]]|
//
|&ref(画像置場/wp12.png,nolink,20%);|[[光学照準器>#wp12]]|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|[[光学照準器参照>#wp12]]|
|&ref(画像置場/wp09.png,nolink,20%);|[[履帯>#wp09]]|||○|○|○|○|○|○|○|○||○||||
|&ref(画像置場/wp04.png,nolink,20%);|[[増加装甲>#wp04]]|||○|○|○|○|○|○|○|||○||||
|&ref(画像置場/wp08.png,nolink,20%);|[[無線機>#wp08]]||○|||||||||||○|||
|&ref(画像置場/wp18.png,nolink,20%);|[[そのほか>#wp18]]|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|[[そのほか参照>#wp18]]|
//
|&ref(画像置場/wp17.png,nolink,20%);|[[増槽>#wp17]]|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|||
|&ref(画像置場/wp13.png,nolink,20%);|[[弾薬箱>#wp13]]|▲|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|||
|&ref(画像置場/wp11.png,nolink,20%);|[[修理工具>#wp11]]|▲|▲|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○||||
//
|&ref(画像置場/wp19.png,nolink,20%);|[[搭載レーダー>#wp19]]||||||||||||||○|○|
|&ref(画像置場/wp21.png,nolink,20%);|[[書籍>#wp21]]|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|
}}
*拳銃 [#wp20]
&ref(画像置場/wp20.png,nolink,50%); 基本的に士官の持ち物。だれでも装備できるので序盤枠が開いてるならとりあえずこれを持とう。
#br
行動速度の補正が大きく、速度差が重要になる開幕の砲戦では命運を分かつ…………こともあるかもしれない。
#br
#region(装備実機説明)
#br
この時代の拳銃は「個人防衛用武器」、あくまで「最後から二番目の武器」という扱いで、一般歩兵は基本的に装備しておらず、士官か戦車兵や砲兵、航空機パイロットが自衛用に持つ物だった。
拳銃を「攻撃用武器」として使おうという考え方が生まれるのは、70~80年代に世界中でテロの嵐が吹き荒れるようになってからである。
#br
''ルガーP08'':1908年にドイツ軍が採用した、9mmパラベラム弾の生みの親でもあるゲオルグ・ルガーがボーチャードピストルを改良した自動拳銃。トグルアクションという珍しい排莢機構を持つ。
''エンフィールド No.2 MkⅠ'':1938年にイギリス軍が採用したリボルバー拳銃。装填、排莢はフレームを折り曲げる「中折れ式」を採用している。
''ベレッタM1934'':イタリア軍が採用したベレッタ社製の小型自動拳銃。陸軍のみならず海空(ほぼ同型だが正確にはM1935。口径が違う)、警察までもが採用した優秀な拳銃。
''コルトM1911'':アメリカの魂「45口径ACP弾」を使用する、天才ジョン・ブローニングによって開発された米軍制式採用自動拳銃。ガバメントの愛称は「政府採用モデル(Government Model)」が由来。
''モーゼルM1916'':ドイツのモーゼル社が開発した大型自動拳銃。M1916は口径が9mmで「レッド・ナイン」の愛称を持つ。世界中で使われた名銃だが、ドイツ軍は制式採用を見送っている。
#br
#endregion

|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|1|ルガーP08|★|火力+1、命中+3||
|2|エンフィールド .|★|火力+1、命中+4||
|3|ベレッタM1934|★|火力+1、命中+4||
|4|コルトM1911|★|火力+2、命中+5||
|5|モーゼルM1916|★|火力+2、命中+5||
*携行火器 [#wp01]
**小銃 [#q3fc2027]
&ref(画像置場/wp01.png,nolink,50%); 歩兵用の携行火器。小銃や短機関銃、狙撃銃や突撃銃までひっくるめて1カテゴリになっている。
速度補正が高く、ただでさえ早い歩兵がなおさら早くなれるほか、集中射撃スキルのトリガとなるため、だいたいの場合は装備することになる。
ただし装甲貫通能力を持っていないため、複数搭載しても基本的には中戦車以上には無力。自走砲や軽戦車までがギリギリ射程内、といった感じ。
#region(装備実機説明)
#br
''Kar98k'':ドイツ軍が採用したモーゼル社製ボルトアクション式小銃。元々制式だったGew98を短銃身化し、小改良を施したモデルである。
''M1891/30'':帝政ロシア時代から使われ続けているモシン・ナガン小銃の近代改修型。ゲームでは[[ハユハ]]の初期装備だが、実際彼が使ったのはフィンランドの現地生産型M/28の短銃身改造型である。
''M1ガーランド'':アメリカ、スプリングフィールド工廠のカナダ人技師ジョン・ガーランドが開発した米軍制式自動小銃。非常に堅牢で信頼性に優れ、戦後も世界中で使われた。
''MP40'':ドイツのエルマベルケ社が開発した短機関銃。愛称は前身の短機関銃MP18の開発者の名を取って「シュマイザー」だが、彼はMP40の開発には関わっておらず、単なる誤解である。
''StG44'':ドイツ、ハーネル社が開発した世界初の「突撃銃(シュトゥルムゲヴェーア:''St''urm''g''ewehr)」の名を冠した銃。後にこの銃を手本にミハイル・カラシニコフがAK47を開発する。
''Kar98k スコープ付'':工場で選り分けた特に工作精度の高いKar98kにスコープを付け、狙撃用としたもの。
#br
#endregion

#br
''オススメ装備''
-StG44
一部の初期歩兵が持ってくる。
MP40やガーランド比べればマシな性能なので、まずはこれを歩兵に行き渡らせることを考えたい。

-M1891/30
羽つきレア歩兵こと[[ザイツェフ]]と[[ハユハ]]の初期装備。
2-2や2-4といった定番レベリングマップで会えるため、こまめに周回していれば割とすぐに数が揃う。



|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|6|Kar98k|★|火力+2、命中+7||
|7|M1891/30|★★★★★|火力+5、命中+20||
|8|M1ガーランド|★★|火力+3、命中6||
|9|MP40|★★★|火力+3、命中+9||
|10|StG44|★★★★|火力+4、命中+10||
|11|Kar98k スコープ付|★★★★|火力+2、命中+20||
|126|FG42|★★★|火力+3、命中+4|非装甲目標にボーナス|
|149|M1A1カービン|★★★★★|火力+5、命中+20||

#br
**対戦車火器 [#u1b0b7aa]
&ref(画像置場/wp16.png,nolink,50%);
対戦車ライフルやバズーカなど歩兵用の対戦車武器。PIATはバネで弾頭を発射する珍しい武器。
#br
速度補正はないが、装甲貫通能力を有するため、砲撃戦フェーズで中戦車以上を相手にするにはこれがないとまず無力。
あっても重戦車には歯が立たないが、自走砲や機械化歩兵もそれなりに防御力があるため、歩兵に火力を持たせたいなら必須。
#br
''オススメ装備''
-60mmバズーカ M1とかPIAT
日替わり戦線で入手可能なお手頃兵器。
性能もまずまずなので、取りあえずこれが人数分揃えば歩兵の準備はよしと言える。

-パンツァーシュレック
歩兵向け最終兵器。
[[研究]]で入手するのはハズレの悲惨さゆえにやめておいたほうがいいが、
探索で拾える[[フィーツェン]]を昇格させると持ってきてくれる。

|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|12|ラハティL-39 対戦車銃|★★|火力+15、命中+3|装甲目標にボーナス|
|13|ボーイズ対戦車ライフル|★★|火力+12、命中+5|装甲目標にボーナス|
|14|60mmバズーカ M1|★★★|火力+18、命中+3|装甲目標にボーナス|
|15|PIAT|★★★|火力+17、命中+3|装甲目標にボーナス|
|16|パンツァーファウスト60|★★★★|火力+20、命中+3|装甲目標にボーナス|
|17|パンツァーシュレック|★★★★★|火力+22、命中+5|装甲目標にボーナス|
|127|パンツァーシュレック(プロト)|★★★★|火力+20、命中+3|装甲目標にボーナス|
*小型火器 [#wp02]
&ref(画像置場/wp02.png,nolink,50%);
いわゆる機関銃。戦車はこれと主砲で集中射撃スキルが使えるので結構大量に必要になる。
微弱ではあるが行動速度を向上させる効果があり、序盤では余ったスロットがあったら取りあえず突っ込んでおいてもよい。
対空銃架は対空フラグを持っており、対空数値がそこそこあれば航空機にもまとまったダメージが通る。
ただし対空銃架だけ速度補正効果がない。
#br
''オススメ装備''
-12.7mm M2
命中率こそ控えめだが、優秀な火力と対空を持つ。
探索では一部の指揮車が持ってくる程度だが、
特務『北アフリカ戦線 海上補給路の確保』を大成功以上で終えることで気軽に量産できる。


|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|18|7.62mm DT28|★|火力+5、対空+4、命中+10||
|19|7.62mm M1919|★|火力+5、対空+3、命中+10||
|20|7.92mm BESA|★|火力+6、対空+4、命中+12||
|21|7.92mm MG34|★★|火力+6、対空+3、命中+11||
|22|7.92mm MG42|★★★★|火力+7、対空+6、命中+14||
|23|12.7mm M2|★★★|火力+8、対空+7、命中+10||
|24|7.92mm MG34+対空銃架|★★★★|火力+6、対空+8、命中+12|航空機にボーナス|
|25|7.92mm MG42+対空銃架|★★★★★|火力+7、対空+8、命中+15|航空機にボーナス|
|131|7.62mm M1926|★★|火力+5、対空+3、命中+10|非装甲目標にボーナス|
|138|7.62mm DP28|★★|火力+5、対空+4、命中+10||


#table_edit2(,table_mod=open){{

|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|h
|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|f
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|18|7.62mm DT28||○|○|○|○|○|○|○|○|○||○|○|||
|19|7.62mm M1919||○|○|○|○|○|○|○|○|○||○|○|||
|20|7.92mm BESA||○|○|○|○|○|○|○|○|○||○|○|||
|21|7.92mm MG34||○|○|○|○|○|○|○|○|○||○|○|||
|22|7.92mm MG42||○|○|○|○|○|○|○|○|○||○|○|||
|23|12.7mm M2||○|○|○|○|○|○|○|○|○||○|○|||
|24|7.92mm MG34+対空銃架|||○|○|○||||||||○|||
|25|7.92mm MG42+対空銃架|||○|○|○||||||||○|||
|131|7.62mm M1926|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○||○|○|||
|138|7.62mm DP28|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○||○|○|||

}}
*小型砲 [#wp14]
&ref(画像置場/wp14.png,nolink,50%);
豆戦車や軽戦車、大戦初期の中戦車の主砲(一部、重機関銃(対空+のあるもの)含む)。

''オススメ装備''
-20mm kwk 30 L/55
軽戦車と指揮車で流用可能な対空+の重機関銃。
とりあえずこれだけあればこの二兵種の装備は確保できる。
優秀なせいか37mm砲より重いが、元々早い兵種なので特に問題はない。

|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|26|20mm FK A/wz.38|★|火力+12、対空+10、命中+12||
|29|20mm kwk 30 L/55|★★|火力+12、対空+8、命中+12||
|27|37mm kwk 36 L/45|★|火力+13、命中+8||
|28|37mm KwK 38(t) L/48|★★★|火力+13、命中+10||
|30|ボフォース 37mmL/45|★|火力+12、命中+9||
|31|37mm vz.34 L/40|★|火力+12、命中+8||
|157|M6 37mm砲|★|火力+13、命中+9|非装甲目標にボーナス|

#table_edit2(,table_mod=close){{

|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|h
|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|f
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|26|20mm FK A/wz.38|||○|○||||||||||||
|29|20mm kwk 30 L/55|||○||||||||||○|||
|27|37mm kwk 36 L/45|||○|○|||||||||○|||
|28|37mm KwK 38(t) L/48|||○|○||||||||||||
|30|ボフォース 37mmL/45|||○|○|||||||||○|||
|31|37mm vz.34 L/40|||○|○||||||||||||
|157|M6 37mm砲|||○|○|||||||||○|||
}}
*中型砲 [#wp03]
&ref(画像置場/wp03.png,nolink,50%);
大戦初期の中戦車の主砲。
基本的には初期装備の扱いであり、火力も命中もいまいち。
QF17ポンドなどの調達が楽な砲が揃えばすぐ引退することになる。


|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|32|45mm M1934|★|火力+14、命中+3||
|33|47mm SA34 L/30|★★|火力+14、命中+3||
|34|47mm戦車砲 L/32|★|火力+12、命中+5||
|35|50mm kwk 38 L/42|★|火力+11、命中+12||
|36|50mm kwk 39 L/60|★★|火力+14、命中+14||
|37|QF2ポンド砲|★★|火力+12、命中+10||


#table_edit2(,table_mod=close){{
#table_edit2(,table_mod=open){{

|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|h
|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|f
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|32|45mm M1934|||○|○|○|||||||||||
|33|47mm SA34 L/30|||○|○|○|||||||||||
|34|47mm戦車砲 L/32|||○|○|○|||||||||||
|35|50mm kwk 38 L/42||||○|○|||||||||||
|36|50mm kwk 39 L/60||||○|○|||||||||||
|37|QF2ポンド砲||||○|○|||||||||||

}}
*大型砲 [#wp15]
&ref(画像置場/wp15.png,nolink,50%);
大戦を通じての主力戦車の主砲。
戦車にとって文字通りの主砲で、優秀な砲は基本的に大量のストックが必要となる。
大口径砲はいずれも重量の増加が著しく、大型砲ほど大きな速度制限がかかるようになる。
''オススメ装備''
-QF17ポンド砲
シャーマンファイアフライこと[[ウォルターズ]]・[[ケイ]]の初期装備。
史実の活躍通り、強力な火力と命中補正を持ち、入手も簡単。新米司令官はお世話になる。
-85mm戦車砲 ZiS-S-53
上記17ポンド砲に火力+1した上位互換。
T34/85戦車の初期装備であり、[[サモヒン昇]]、[[ナイディン昇]]が持ってくる。
[[オスキンくん>オスキン]]は最初から装備しているので、気が付けば勝手に溜まっていたりする。
-75mm KwK 42 L/70
&color(Red){''[[やあ、ベーケだよ。>ベーケ]]''};
この砲は中戦車に搭載できる砲の中では最高の火力と命中力を持っているんだ。
[[シュトリッペル昇]]や[[ブンツェル昇]]、[[フィシャー昇]]も持ってきてくれるよ。

|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|38|QF6ポンド砲|★★|火力+14、命中+18||
|39|75mm kwk 37 L/24|★|火力+13、命中+16||
|40|75mm kwk 40 L/48|★★|火力+17、命中+18||
|41|75mm KwK 42 L/70|★★★|火力+21、命中+20||
|42|75mm戦車砲 M3|★|火力+14、命中+20||
|43|76mm戦車砲 F-34|★|火力+14、命中+20||
|44|76.2mm戦車砲 M1|★★|火力+15、命中+20||
|45|QF17ポンド砲|★★★|火力+17、命中+20||
|46|85mm戦車砲 ZiS-S-53|★★|火力+18、命中+20||
|47|88mm kwk 36 L/56|★★★|火力+20、命中+20||
|48|88mm kwk 43 L/71|★★★★|火力+24、命中+20||
|49|122mm榴弾砲 M30|★★★|火力+28、命中+12||
|50|128mm PaK 80|★★★★★|火力+30、命中+15||
|51|152mm榴弾砲 M10|★★★★|火力+32、命中+10||
|52|128mm PaK 40L/61|★★★★★|火力+32、命中+13||
|53|76mm 師団砲 F-22|★★|火力+15、命中+20||
|54|290mmペタード砲|★★★★|火力+60、命中-50|要塞砲に命中補正|
|134|105mm榴弾砲 M40|★★★|火力+25、命中+20||
|135|アンサルド 75mm L/34砲|★★|火力+16、命中+17||
|137|75mm KwK44|★★★★|火力+21、命中+20||
|139|150mm43式突撃榴弾砲|★★★★|火力+32||
|140|150mm KwK44 L/38|★★★★★|火力+32、命中+10||
|141|380mm61式ロケット臼砲|★★★★★|火力+70、命中-105|非装甲目標にボーナス|
|146|75mm Pak 40|★★★★|火力+18 命中+19||
|148|100mm戦車砲 D-10|★★★★★|火力+35 命中+20 (回避-10)||
|150|M2 155mmカノン砲|★★★★★|火力+35||
|154|122mm砲D25-T|★★★★★|火力+32 命中+13 ||
|155|155mm砲ML20-S|★★★★★|火力+29 命中+12 |重装甲目標にボーナス|

#table_edit2(,table_mod=close){{

|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|h
|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|f
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|38|QF6ポンド砲||||○|○|||○||||||||
|39|75mm kwk 37 L/24||||○|○|○|○|○||||||||
|40|75mm kwk 40 L/48||||○|○|○|○|○||||||||
|41|75mm KwK 42 L/70||||○|○|○|○|○||||||||
|42|75mm戦車砲 M3||||○|○|○|○|○|○|||||||
|43|76mm戦車砲 F-34||||○|○||○|○|○|||||||
|44|76.2mm戦車砲 M1||||○|○|○|○|○||||||||
|45|QF17ポンド砲||||○|○||○|○||||||||
|46|85mm戦車砲 ZiS-S-53||||○|○||○|○||||||||
|47|88mm kwk 36 L/56||||○|○||○|○||||||||
|48|88mm kwk 43 L/71|||||○||○|○||||||||
|49|122mm榴弾砲 M30|||||○||||○|||||||
|50|128mm PaK 80|||||○||○|○||||||||
|51|152mm榴弾砲 M10|||||○||||○|||||||
|52|128mm PaK 40L/61|||||○||○|○||||||||
|53|76mm 師団砲 F-22||||○|○||○|○|○|||||||
|54|290mmペタード砲|||||||||○|||||||
|134|105mm榴弾砲 M40|||||○|○|||○|||||||
|135|アンサルド 75mm L/34砲||||○|○|○|○|○||||||||
|137|75mm KwK44||||○|○|○|○|○||||||||
|139|150mm43式突撃榴弾砲||||○|○|○|||○|||||||
|140|150mm KwK44 L/38|||||○||||○|||||||
|141|380mm61式ロケット臼砲|||||○||○|||○||||||
|146|75mm Pak 40||○||○|○|○|○|○||||||||
|148|100mm戦車砲 D-10||||○|○||○|○|○|||||||
|150|M2 155mmカノン砲||||||||||||||||
|154|122mm砲D25-T||||○|○||○|○|○|||||||
|155|155mm砲ML20-S|||||○|○|||○|||||||
}}
*対空火器 [#wp05]
&ref(画像置場/wp05.png,nolink,50%);
対空車両のみ搭載可能な対空重機関銃、対空機関砲。
二門までなら複数装備しても攻撃スキルが消えないほか、速度+命中+火力の全てが上がる。
ただし装甲貫通能力を有していないため、中・重戦車はもちろん、自走砲にも弾かれたりする。

#br
#region(装備実機説明)
''M45四連装対空機関銃架'':アメリカ・ブローニング M2重機関銃を4連装にした銃架
''20mm Breda Model35'':イタリア・ブレダ社が開発した、20口径対戦車ライフル弾(スイスのゾロトゥルン社製)の撃てる対空機関砲
''20mm Flak 38'':ドイツ・マウザー社が開発した、20口径対戦車ライフル弾(スイスのゾロトゥルン社製)の撃てる対空機関砲
''20mm Flakvierling38'':20mm Flak 38を4連装にした銃架
''ボフォース 40mm L/60'':スウェーデン・ボフォース社が1930年代に開発した艦対空機関砲。出来がよかっため地対空、地対地など応用されています。
                  2015年現在も長砲身化+FCSしたタイプが運用されています。このゲームには地対空機関砲として登場しています。
#endregion
#br
|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|55|20mm Flak38|★★★|火力+12、対空+20、命中+10|航空機にボーナス|
|56|M45四連装対空機関銃架|★★★|火力+13、対空+25、命中+15|航空機にボーナス|
|57|20mm Flakvierling38|★★★★|火力+14、対空+35、命中+20|航空機にボーナス|
|58|ボフォース 40mm L/60|★★★★★|火力+15、対空+38、命中+20|航空機にボーナス|
|59|20mm Breda Model35|★★|火力+12、対空+18、命中+12|航空機にボーナス|
*ロケット弾 [#wp10]
&ref(画像置場/wp10.png,nolink,50%);
自走ロケットランチャーの弾。
対空戦車・機械化歩兵・歩兵・牽引砲にダメージボーナスがある。
元から装甲もHPも低いからボーナスなんていらないよね、とか言ってはいけない。

#br
#region(装備実機説明)
''132mm M-13'':ソ連軍、カチューシャBM-13のロケット弾
''150mm NbW 41'':ドイツ国防軍、ネーベルヴェルファーの15cmロケット榴弾41型 [[カリウス]]が味方の誤射と言っているのは、このロケット弾が味方の歩兵部隊に当たるのを目撃したのが元ネタ
''110mm M8'':米軍、シャーマン戦車M4に載せて使うT34ロケットランチャーの4.5インチロケット弾
#endregion
#br

|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|60|132mm M-13|★★★|火力+12、命中+7|非装甲目標にボーナス|
|61|150mm NbW 41|★★★|火力+15、命中+5|非装甲目標にボーナス|
|62|110mm M8|★★★|火力+10、命中+4|非装甲目標にボーナス|
*搭載火器(空対空)・搭載火器(対地兵器) [#wp06]
&ref(画像置場/wp06.png,nolink,50%);
航空機専用火器。
誰もが欲しがる装甲ボーナス装備は対地攻撃機の持参品なので注意。
研究しても絶対に出てこない。ロケットで我慢しよう。
#br
#region(装備実機説明)
''7.62mm AN/M2'':米空軍 ブローニング M1919重機関銃A4型の航空機搭載型 0.3インチ口径
''12.7mm AN/M2'':米空軍 ブローニング M2重機関銃の航空機搭載型 0.5インチ口径
''20mm MG151'':ドイツ空軍 MG 151/20 2cm機関銃
''30mm MK101機関砲'':ドイツ空軍  MK101 3cm機関砲
''37mm Flak18'':ドイツ空軍 3.7cm FlaK 18/36/37高射機関砲の急降下爆撃機搭載型 
''3連装115mmM8ロケット'': 米空軍 4.5インチ M8ロケット弾の航空機搭載型
''HVAR ロケット弾'':米空軍 5インチ HVAR ロケット弾
''R4M オルカンロケット'':ドイツ空軍 4kgロケット榴弾
#endregion
#br


|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|63|7.62mm AN/M2|★★|火力+10、対空+20、命中+17、消費資金-5|航空機にボーナス|
|64|12.7mm AN/M2|★★★|火力+12、対空+24、命中+15、消費資金-5|航空機にボーナス|
|65|20mm MG151|★★★|火力+15、対空+28、命中+18、消費資金-5|航空機にボーナス|
|66|30mm MK101機関砲|★★★★★|火力+25、対空+10、命中+20、消費資金-7|装甲目標にボーナス|
|67|37mm Flak18|★★★★★|火力+28、対空+5、命中+20、消費資金-7|装甲目標にボーナス|
|68|3連装115mmM8ロケット|★★★|火力+20、命中+12、消費資金-5|非装甲目標にボーナス|
|69|HVAR ロケット弾|★★★★|火力+19、命中+15、消費資金-5|非装甲目標にボーナス|
|70|R4M オルカンロケット|★★★★★|火力+25、命中+20、消費資金-5|非装甲目標にボーナス|
|147|30mm MK108機関砲|★★★★★|火力+30、対空+5、命中+20 |装甲目標にボーナス|
|156|50mm BK5機関砲|★★★★★|火力+17、対空+30、命中+15 |航空機にボーナス|
*砲弾 [#s61bfe2e]
&ref(画像置場/wp07.png,nolink,50%);
各戦車と牽引砲に搭載できる砲弾。主砲とセットでスキル「集中射撃」が発動する。
ほぼ全ての車両ユニットが装備可能で、特定ユニットに対して劇的な火力増加が見込める目玉研究品。
''オススメ装備''
-対空榴弾
牽引砲用専用だが、素の火力を高めつつ対空フラグをセットできる。
金航空機でもなければ確実に撃墜するため、航空機の出現するマップでは非常に有用。
-タングステン徹甲弾
重戦車を含む全ての装甲目標に劇的なダメージ増加が見込める。
ステージ6・7・8の高戦果勝利で低確率で拾えるが、研究でも滅多に出ない。
車両用の火力強化手段としては最も優れており、かつ使い回しも利く優れた装備。
なお、火力だけちょっと下がった版である成形炸薬弾頭はもう少しだけ入手しやすい。

#br
#region(装備実機説明)
''榴弾(HE High-Explosive)''は砲弾内に爆薬が仕込まれたもので、着弾点付近で炸裂させて破片で殺傷する砲弾のこと。
砲弾の速度があまり関係ないので山なりの曲射弾道で発射され、遮蔽物を越えての攻撃が出来るが、当然装甲された目標には効果が薄い。
''徹甲弾(AP Armor Piercing)''はその名の通り装甲を貫通させるために作られた砲弾。
//おおまかに分類すると、高速で射出して運動エネルギーを用いて貫通させるタイプと、化学薬品を燃焼させるなどして装甲を溶かすタイプに分けられる。
//「装甲を溶かす」のはよくある間違いなので直しました
おおまかに分類すると、高速で射出した砲弾の直接的な運動エネルギーを用いるタイプと、化学薬品を燃焼させるなどして発生させたエネルギーを用いるタイプに分けられる。
実際には関連する様々な力学や素材によるアレコレがあったりするが、説明すると大変なことになるのでここでは割愛する。 &color(Silver){要するにググれ!多分面倒になって途中で飽きるゾ!};
#br
''38式榴弾'':ドイツのクルップ社が開発した榴弾。日露戦争時に日本が発注したもの。
''黄燐榴弾'':毒物である黄燐を使った焼夷榴弾。粘膜を刺激する毒ガスを発生させるためジュネーブ条約違反兵器と解釈されている。
''対空榴弾'':主に時限信管を用いて一定高度で炸裂させ、航空機を攻撃するための榴弾。米軍は第二次大戦中に電波式の自動起爆信管「VT信管(近接信管)」を開発している。
''APDS弾'':装弾筒に包まれた細い矢のような徹甲弾。発射後に装弾筒は分離し、矢の部分だけが飛んでいく仕組み。空気抵抗が少なく装甲に対する接面積が少ないため、貫通力が強い。
''徹甲榴弾'':徹甲弾と榴弾を組み合わせた砲弾。徹甲弾として装甲を貫通した後に、内部で榴弾として炸裂してダメージを与える。
''成形炸薬弾'':砲弾内の炸薬を着弾時に燃焼させて超高温のジェット噴流を発生させ、その圧力で装甲を抜く砲弾。HEATとも呼ばれる。
''タングステン徹甲弾'':比重が大きく非常に硬いレアメタルであるタングステンの合金を弾芯にした砲弾。現代では劣化ウランと双璧を成す弾芯素材である。
''キャニスター弾'':いわゆる大砲版ショットシェル。米軍が第一次大戦でドイツに「鹿撃ちの散弾銃で人を撃つ野蛮人」と罵られたため、ヨーロッパでは使われなかった。
           因みに太平洋戦争で米軍は「日本人は人じゃないし」と言いながらバカスカ撃ちまくり、輸送機に大砲を積んで空から撃ったりまでしていた。 &color(Silver){どんだけショットガン好きなんだコイツら・・・};
#br
#endregion


|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|71|38式榴弾|★★|火力+12|非装甲目標にボーナス|
|72|黄燐榴弾|★★★|火力+14|非装甲目標にボーナス|
|73|対空榴弾|★★★|火力+10、対空+18|航空機にボーナス|
|74|APDS弾|★★★★|火力+20|装甲目標にボーナス|
|75|徹甲榴弾|★★★|火力+22|装甲目標にボーナス|
|76|成形炸薬弾|★★★|火力+20|重装甲目標にボーナス|
|77|タングステン徹甲弾|★★★★★|火力+22|重装甲目標にボーナス|
|78|キャニスター弾|★★★★|火力+15|非装甲目標に命中補正|
|128|APDS弾(プロト)|★★★★|火力+25、命中-20|装甲目標にボーナス|
|129|高速徹甲弾|★★★★|火力+25、命中-20|重装甲目標にボーナス|
|158|キャニスター弾(軽車両用)|★★★★★|火力+13、命中+5|非装甲目標に命中補正|
砲弾装備品については、装備できる兵科が異なる。

#table_edit2(,table_mod=open){{

|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|h
|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|f
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|71|38式榴弾|||○|○|○|○|||○||○|||||
|72|黄燐榴弾||||○|○||||○||○|||||
|73|対空榴弾|||||||||||○|||||
|74|APDS弾|||||||○|○|○||○|||||
|75|徹甲榴弾||||○|○|○|○|○|○||○|||||
|76|成形炸薬弾|||○|○|○|○|○|○|○||○|||||
|77|タングステン徹甲弾||||○|○|○|○|○|○||○|||||
|78|キャニスター弾|||○|○|○|○|○|○|○||○|||||
|128|APDS弾(プロト)|||||||○|○|○||○|||||
|129|高速徹甲弾|||○|○|○|○|○|○|○||○|||||
|158|キャニスター弾(軽車両用)|||○||||||||○||○|||
}}
*光学照準器 [#wp12]
&ref(画像置場/wp12.png,nolink,50%);
''オススメ装備''
-赤外線暗視装置FG1250
重戦車が中戦車並の速度で行動できる超速度補正に、命中・偵察も文句なし。
しかも全車両が搭載できるという夢のようなオーパーツ。
確実な入手方法は[[フィシャー昇]]と[[ブンツェル昇]]の持参品のみだが、この性能を考えれば養殖するのもアリと言える。
また、それなりの確率で撃滅戦報酬で拾える。

|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|79|赤外線暗視装置FG1250|★★★★|命中+14、偵察+14、消費資金-10|射撃速度向上|
|80|EmR1m 光学測距儀|★★★★|命中+12、偵察+12、消費資金-5|射撃速度向上|
|81|SF14Z 砲隊鏡|★★|命中+10、偵察+10、消費資金-5|射撃速度向上|
|82|TZF 5b 照準器|★★★|命中+11、偵察+10、消費資金-5|射撃速度向上|
|83|TZF 9b 照準器|★★★★★|命中+15、偵察+10、消費資金-5|射撃速度向上|
|84|TZF 12 照準器|★★★★|命中+13、偵察+10、消費資金-5|射撃速度向上|
|85|SflZF 1a 照準器|★★★|命中+11、偵察+8、消費資金-5|射撃速度向上|
|86|SflZF 5 照準器|★★★★|命中+13、偵察+8、消費資金-5|射撃速度向上|
|87|WZF 2/7 照準器|★★★★★|命中+15、偵察+8、消費資金-5|射撃速度向上|
|130|M17 照準器|★★★|命中+9、偵察+10、消費資金-10|射撃速度向上|

光学照準器装備品については、装備できる兵科が異なる。

#table_edit2(,table_mod=open){{

|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|h
|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|f
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|79|赤外線暗視装置FG1250|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|||
|80|EmR1m 光学測距儀|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|||
|81|SF14Z 砲隊鏡|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|||
|82|Tzf5b 照準器|||○|○|○|||||||||||
|83|TZF 9b 照準器|||○|○|○|||||||||||
|84|TZF 12 照準器|||○|○|○|||||||||||
|85|SflZF 1a 照準器||||||○|○|○||||||||
|86|SflZF 5 照準器||||||○|○|○||||||||
|87|WZF 2/7 照準器||||||○|○|○||||||||
|130|M17 照準器|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|||


}}

#region(有志による装備速度ランキング)
1. 赤外線暗視装置FG1250 
2. TZF 9b 照準器 = TZF 12 照準器 = TZF 5b 照準器 
3. WZF 2/7 照準器 = SflZF 1a 照準器 = SflZF 5 照準器
4. SF14Z 砲隊鏡 
5. EmR1m 光学測距儀
#br
#endregion
*履帯 [#wp09]
&ref(画像置場/wp09.png,nolink,50%);

いわゆるキャタピラの事。キャタピラは米国キャタピラー社の登録商標なので、軍隊では「履帯(りたい)」と呼ぶ。
回避だけでなく、隠しパラメータの速度も上がるが実はクリーニングロッド・照準機よりも補正が低い。
単に行動順を早くしたいならそっちを装備しよう。
#br
#region(装備実機説明)
''グローサー'':履帯の上から取り付ける滑り止めの爪のこと。乗用車でいう冬用チェーンに近い用途。
''ヴィンターケッテン'':冬用の幅広履帯。
''オストケッテン'':東部戦線の泥沼用履帯。
#br
#endregion

|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|88|グローサー|★★|回避+5|高機動|
|89|ヴィンターケッテン|★★★|回避+7|高機動|
|90|オストケッテン|★★★|回避+9|高機動|
*増加装甲 [#wp04]
&ref(画像置場/wp04.png,nolink,50%);
戦車表面に後付けされた装甲。ステータス欄には書かれていないが、一部は装備すると回避と行動速度が下がる。
装備することで装甲分類が変わるらしく、非装甲扱いの対空車両などがこれ一つでグッと固くなる。
堅実にリスクを減らせるため、装備としての価値は高い。
#br
#region(装備実機説明)
''予備履帯'':予備のキャタピラの事。これを装甲面に固定して防御力を増す。
''ツィメリットコーティング'':磁石地雷がくっつかないように装甲面に塗られたギザギザの非磁性塗装。モデラーの鬼門らしい。
''シュルツェン'':車体や砲塔の側背面を対戦車ライフルや成形炸薬弾から防護するために装着された薄い装甲板。
''ボルト止め装甲'':ボルトで車体に止められた追加装甲。被弾時にボルトが車内で跳ね回るなどの問題もあった。
#br
#endregion

|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|備考|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200||c
|91|予備履帯|★|装甲+5|装甲強化||
|92|ツィメリットコーティング|★★★★|装甲+7、(回避-2)|装甲強化||
|93|シュルツェン|★★|装甲+10、(回避-3)|装甲強化||
|94|ボルト止め装甲|★★★|装甲+15、(回避-5)|装甲強化||


#table_edit2(,table_mod=open){{

|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|h
|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|f
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|91|予備履帯|||○|○|○|○|○|○|○|||○||||
|92|ツィメリットコーティング|||○|○|○|○|○|○|○|||○||||
|93|シュルツェン|||○|○|○|○|○|○|○|||○||||
|94|ボルト止め装甲|||○|○|○|○|○|||||||||
}}
*無線機 [#wp08]
&ref(画像置場/wp08.png,nolink,50%);無線機とアンテナを両方装備することでシナジー効果が発生し、特殊戦術の発動率が上昇する模様。

#br
#region(装備実機説明)
''Fu1 無線機'':ドイツ軍の受信専用FuG1無線機。周波数は0.1-6.97MHz
''Fu2 無線機'':ドイツ軍の受信専用FuG2無線機。周波数は27.2-33.3MHz
''Fu5 無線機'':ドイツ軍の超短波無線機、出力10W、周波数27.2-33.3MHz、有効送受信距離2~3km
''Fu7 無線機'':ドイツ軍の地対空用超短波無線機、出力20W、周波数は40MHz帯、通信距離は打電式・音声式いずれも25km。
''Fu8 無線機'':ドイツ軍の中波帯無線機、出力30W、通信距離はフレーム型アンテナを使用で打電式で50km、音声式で15km。長さ8mの星型アンテナで打電式で150km、音声式で50km
''シュテルンアンテナD'':星型アンテナ
''フレームアンテナ'':支柱を立てたフレーム型アンテナ(わかりやすくいうとスキーキャリアみたいなやつだw)

#endregion

|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|95|Fu1 無線機|★|偵察+10、消費資金-15|特殊戦術の発動率上昇(重複可)|
|96|Fu2 無線機|★★|偵察+12、消費資金-15|特殊戦術の発動率上昇(重複可)|
|97|Fu5 無線機|★★★|偵察+15、消費資金-15|特殊戦術の発動率上昇(重複可)|
|98|Fu7 無線機|★★★★|偵察+18、消費資金-15|特殊戦術の発動率上昇(重複可)|
|99|Fu8 無線機|★★★★★|偵察+20、消費資金-15|特殊戦術の発動率上昇(重複可)|
|100|シュテルンアンテナD|★★★|偵察+15、消費資金-15|特殊戦術の発動率上昇(重複可)|
|101|フレームアンテナ|★★★|偵察+12、消費資金-15|特殊戦術の発動率上昇(重複可)|
*そのほか [#wp18]
&ref(画像置場/wp18.png,nolink,50%);部隊を支える各種装備品。なくてもいいが、あると便利な装備が揃う。
#br
#region(装備実機説明)
''潜水ユニット'':重くて橋を渡れない重戦車が川を渡れるように開発された装備。主にエンジン吸気用のシュノーケルを指す。
''クリーニングロッド'':銃身、砲身の内部を掃除するための棒。砲身が汚れていると、弾が詰まったり破裂したりするので掃除は重要。
''ベンチレーター'':排煙機のこと。これが無いと発砲時の煙が車内に充満し、酸欠になってしまうこともある。
''コマンドゲレーテ'':ドイツが開発した歯車式アナログコンピュータ。移動する敵の未来位置を予測し、正確な射撃を行える。
''ツェルトバーン'':ドイツが採用した迷彩柄のポンチョ。複数枚組み合わせてテントにもできる。
''スモークディスチャージャー'':発煙弾の発射装置。敵の視界を遮る煙幕を張れる。
''Sマイン発射器'':敵を感知すると飛び出して散弾を撒き散らす、跳躍式対人地雷Sマインを戦車用近接防御兵器として改造したもの。
#br
#endregion

|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|102|架橋装備|★★★|消費資金-12|策源地の占領率を向上(重複可)|
|103|潜水ユニット|★★★|消費資金-24|策源地の占領率を上昇(重複可)|
|104|クリーニングロッド|★|命中+5、消費資金-15|射撃速度向上|
|105|大型ベンチレーター|★★|命中+9、消費資金-25|射撃速度向上|
|106|コマンドゲレーテ|★★★★|命中+15、消費資金-30|射撃速度向上|
|107|偽装ネット|★★|回避+7、消費資金-2||
|108|ツェルトバーン|★|回避+10、消費資金-2||
|109|スモークディスチャージャー|★★★★|回避+15、消費資金-12||
|110|製パンオーブン|★★|消費資金-30|戦闘後に士気を回復(部隊全員、重複可)|
|111|野戦炊飯車|★★★|消費資金-30|戦闘後に士気を回復(部隊全員、重複可)|
|112|1/4t カーゴトレーラー|★★★★|消費資金-20|特務の資源入手+10%(4つまで重複可能)|
|113|Sマイン発射器|★★★★★|命中+12、消費資金-20|非装甲目標に命中補正|
|132|スキー板|★★★|消費資金-10|雪マップ時に回避上昇 雪ステージで回避を23%上昇|
|133|冬季迷彩|★★★|命中+10、消費資金-10|雪マップ時に回避上昇|
|136|ロイド眼鏡|★★|命中+15||
|145|紅茶キット|★★|ステータス変動なし|策源地と回復地点で装備したミリ姫の士気が少し回復し体力が5%回復|
そのほかの装備品については、装備できる兵科が異なる。


#table_edit2(,table_mod=close){{

|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|h
|図鑑|名称|歩兵|機歩|軽戦|中戦|重戦|突撃|駆逐|対自|自榴|自ロ|牽引|対空|指揮|航空|対地|f
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|102|架橋装備|○|○||||||||||||||
|103|潜水ユニット|||○|○|○|||||||||||
|104|クリーニングロッド|||○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|||
|105|大型ベンチレーター|||○|○|○|○|○|○|○|○||○||||
|106|コマンドゲレーテ|||||||||||○|○|○|||
|107|偽装ネット|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|||
|108|ツェルトバーン|○|○||||||||||||||
|109|スモークディスチャージャー|||○|○|○|○|○|○|○|○||○|○|||
|110|製パンオーブン|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|||
|111|野戦炊飯車|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|||
|112|1/4t カーゴトレーラー||○|○|○|○|○|○|○|○|○||○||||
|113|Sマイン発射器|||○|○|○|○|○|||||||||
|132|スキー板|○|||||||||||||||
|133|冬季迷彩|○|○||||||||||||||
|136|ロイド眼鏡|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|○|||
|145|紅茶キット|○|○|○|○|○||||||||○|||

}}
*増槽 [#wp17]
&ref(画像置場/wp17.png,nolink,50%); レア度の高いものほど軽減される量が増える。効果は重複しないので1部隊に1つあれば良い。



|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|114|ジェリカンラック|★★★|消費資金-30|燃料消費を軽減(部隊全員)18%|
|115|筒型燃料缶|★★★|消費資金-30|燃料消費を軽減(部隊全員)24%|
|116|大型外部燃料槽|★★★★|消費資金-30|燃料消費を軽減(部隊全員)30%|
|117|ドロップタンク|★★★★★|消費資金-30|燃料消費を軽減(部隊全員)24%&br;【飛行機(航空・対地)専用】|

航空機専用装備は装備できるのは航空機限定だが、陸上部隊にも効果を及ぼす。
*弾薬箱 [#wp13]
&ref(画像置場/wp13.png,nolink,50%);
レア度の高いものほど軽減される量が増える。効果は重複しないので1部隊に1つあれば良い。
歩兵は「予備弾薬ケース」「弾薬運搬車」が装備可能。
増槽と共通の仕様として、&color(Red){航空機専用装備は装備できるのは航空機限定だが、陸上部隊にも効果を及ぼす};。
弾薬がなくなると戦闘では単なる的と化すため、一部マップでは攻略を左右する。
#br
#region(装備実機説明)
''湿式弾薬庫'':被弾時に搭載された弾薬が誘爆するのを防ぐ為に作られた、蓋や箱を二重にしてその隙間に水を充填した弾薬庫。
#br
#endregion

|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|118|予備弾薬ケース|★★|消費資金-30|弾薬消費を軽減(部隊全員)12%|
|119|湿式弾薬庫|★★★|消費資金-30|弾薬消費を軽減(部隊全員)18%|
|120|弾薬運搬車|★★★★|消費資金-30|弾薬消費を軽減(部隊全員)24%|
|121|拡張弾薬倉|★★★★★|消費資金-30|弾薬消費を軽減(部隊全員)24%&br;【飛行機(航空・対地)専用】|
*修理工具 [#wp11] 

&ref(画像置場/wp11.png,nolink,50%); 回復は戦闘終了時。指揮車と航空機はどちらも装備できないので注意。
効果は重複せず、ゲベックと車外装備品を同時につけても効果の大きいもののみが適用される。
#br

#region(装備実機説明)
''ゲペックカステン'':ドイツ軍の戦車に取り付けられた用具箱のこと。砲塔の後ろに付いている。
''車外装備品'':戦車の車体に色々取り付けてある工具類。牽引用ワイヤーやシャベル、各種工具類にテントなども付けていた。
#br
#endregion
|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|備考|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|240|c
|122|ゲペックカステン|★★★|消費資金-20|戦闘後に体力を回復(装備したミリ姫のみ)|歩兵・機械化歩兵も装備可能。体力の5%回復(切り捨て)|
|123|車外装備品|★★★★|消費資金-50|戦闘後に体力を回復(装備したミリ姫のみ)|歩兵・機械化歩兵装備不可。 体力の10%回復(切り捨て)|

//-ゲペックカステン
//歩兵・機械化歩兵も装備可能。体力の5%回復(切り捨て)
//-車外装備品
//歩兵・機械化歩兵装備不可。体力の10%回復(切り捨て)
//備考に追加されたようなのでコメントアウト
*搭載レーダー [#wp19]
&ref(画像置場/wp19.png,nolink,50%); 航空系兵科に搭載するレーダー。
#br
#region(装備実機説明)
''FuG 220 SN-2'':機首に搭載された航空機用レーダー。突き出た四本のアンテナ支柱から、ヒルシュゲヴァイ(牡鹿の角)と呼ばれた。
#br
#endregion
|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|124|FuG 220 SN-2|★★★★★|命中+30、回避+30|航空機にボーナス|
||||||

**書籍 [#wp21]
&ref(画像置場/wp21.png,nolink,50%);

すべての兵科に搭載可能で、装備したユニットにのみ効果有り。
白書は撃滅戦専用アイテム。
複数搭載しても大きい効果のもののみ優先され、かつ同じ物を複数持っても効果は加算されない。


|図鑑|名称|レア|効果1|効果2|h
|RIGHT:|BGCOLOR(#ddd):180|70|>|200|c
|125|『戦車に注目せよ』|★★★★★|ステータス変動なし|獲得経験値上昇(装備したミリ姫のみ)|
|142|亜種[攻城臼砲]白書第一巻|★★★★★|ステータス変動なし|亜種[攻城臼砲]のみに与えるダメージが+25%|
|143|亜種[攻城臼砲]白書第二巻|★★★★★|ステータス変動なし|亜種[攻城臼砲]のみに与えるダメージが+50%|
|144|亜種[攻城臼砲]白書第三巻|★★★★★|装甲+5|亜種[攻城臼砲]のみに与えるダメージが+100%|
|151|亜種[15砲塔]白書第一巻|★★★★★|ステータス変動なし|亜種[15砲塔]のみに与えるダメージが+25%|
|152|亜種[15砲塔]白書第二巻|★★★★★|ステータス変動なし|亜種[15砲塔]のみに与えるダメージが+50%|
|153|亜種[15砲塔]白書第三巻|★★★★★|装甲+5|亜種[15砲塔]のみに与えるダメージが+100%|
//||||||
//||||||
*コメント [#contemt]
#pcomment(,reply,10,)